眠っている仏像ありませんか?
彩色、復元いたします。

仏像や観音像など、腕が欠損したまま眠っている。
また、色がくすんで奥にしまってある。
なんてことはないでしょうか?
新品同様まで復元可能です。

習作の仏像

仏像や観音像など、腕が欠損したまま眠っている。また、色がくすんで奥にしまってある。
なんてことはないでしょうか?新品同様まで復元可能です。

さまざまな状態に対応いたします。

色がくすんでしまった・手が欠損してしまった・足がない・剣が欠損した。
等々、仏像や観音像、その他木彫像は時が経つにつれて劣化していきます。
木彫り工房貴では、そのような木彫像を新品同様に生まれ変わらせます。
欠損して元の形が分からないものも復元可能です。

随身の木彫像(寺社ご依頼)の修復前、修復後の写真

随身の木彫像(寺社ご依頼)
「紛失部分の復元・彩色で新品同様になりました」

左の写真は元の状態で右が修復後となります。
元の状態が分からなくなるほどボロボロだったものを新品同様に修復しました。
修復後の木像が持っている「矢」は紛失していたので、新たに作りました。金箔も使って荘厳な木像に仕上がりました。

観音菩薩の木彫の修復前、修復後の写真

観音菩薩の木彫(寺社ご依頼)
「欠損部分の復元・彩色で観音様がよみがえりました」

左の写真は両腕が欠損してしまっていますが、この部品を新たに彫って右の写真のように両腕と持っている蓮を元通りに復元しました。
写真では彩色されていませんが、不自然にならないように彩色を施して仕上げました。

木彫の仏像の修復前、修復後の写真

木彫の仏像(寺社ご依頼)
「欠損部分の修復復元・彩色で違和感なく元通りになりました」

両側の仏像2体のそれぞれの腕(うで)の部分が欠損してしまっていたので復元しました。欠損部分のパーツを新たに彫りなおし、しっかりと接着した後、修復部分が分からなくなるまで色を調節し着色をしました。写真の左側が着色前の状態で、右側が完成した状態です。違和感なく彩色できました。

大権の木彫像の修復前、修復後の写真

大権の木彫像(寺社ご依頼)
「緑色の退色部分の彩色復元して新品同様になりました」

写真左を見ていただくと衣装の緑色がかなり退色しています。 写真中のように発色を良くするため下塗りをした後金箔を貼っておきます。最終的には写真右のようにあざやかな緑色の衣装の状態に復元することができました。

仏像の台座の修復前、修復後の写真

仏像の台座(寺社ご依頼)
「紛失部分の復元と劣化部分の金箔貼り直しで新品同様になりました」

台座部分の劣化が激しく、新たに彫りなおして金箔も貼り直しました。
新品同様の台座に仕上がりました。

寺社様・企業様・個人様問わず、ご相談ください

修復された彫り物の写真

眠っている仏像・観音像など木彫像はありませんか?

仏像や観音像は、地震、水害、火事などであらゆる部分が欠損しがちです。
長い歴史を持っているからこそ、できる限り元の姿に戻して人々に見ていただきたいと思います。

木彫り工房貴は長年の経験で、欠損してしまったパーツを彫り直し、元の姿に復元することができます。
特に寺社様で、お堂の奥に眠っている仏像で新しく生まれ変わらせたい仏像や観音像などがありましたらご相談ください。

修復・復元・彩色 
完成までの流れ

木彫り職人と飯山の自然の写真 木彫り職人と飯山の自然の写真

木彫りの修復 よくあるご質問

彫刻家・鈴木清貴の写真
彫刻家
・鈴木清貴

分からないことは何でもご相談ください。
木彫師本人が相談に応じます。

トップへ戻る